健康の為に免疫力を高めるには|腸内環境を整える重要性

サプリメント

不飽和脂肪酸の力

老人

血液の流れを良くする

血液は全身をめぐりながら細胞に酸素や栄養を補給しています。血液の粘度が高まってくるとその血液の流れが遅くなり、血管の壁面にコレステロールや中性脂肪がくっつく現象が起こりやすくなります。DHAとEPAは、粘度が高まった血液の粘度を下げてさらさらにする効果があり、血液の流れをスムーズにしてくれます。またDHAは赤血球の柔軟性を保ち、コレステロールの値を下げる働きも持っています。肝臓で作られる中性脂肪を低下させたり、生成された中性脂肪を血液中に分泌されるのを抑えたりする働きもあります。DHAと比較するとその効果はEPAが勝っています。EPAは、血小板が凝集するのを防ぐ働きを持ち、動脈硬化の防止に役立ちます。DHAと比較するとEPAの方が中性脂肪をより減少させる効果もあります。

同じようだが違う特徴も

DHAとEPAを比較してみると、動脈硬化の予防サプリとしては同じような働きをしていますが、違う点もあります。DHAは、脳の神経細胞の膜の中にも存在します。DHAの量が多いと膜の柔軟性が高まるため情報伝達も速くなります。神経細胞の膜内のDHAは加齢とともに減る傾向にあり、サプリで補うことで記憶力の向上や認知症の予防など脳の老化を抑えることができます。EPAは、血液サラサラ効果で脳梗塞や心筋梗塞などの血栓による病気の予防と、炎症やアレルギーを軽減する効果もあります。他にも生理痛や肌のトラブルの改善にも効果を発揮します。DHAとEPAを比較して自分に必要な働きをサポートするサプリやDHAとEPAを合わせたサプリを活用してみるとよいでしょう。

Copyright© 2015 健康の為に免疫力を高めるには|腸内環境を整える重要性All Rights Reserved.